匠の技~手刻みの風景~

家の基礎になる柱を繋ぐ部分は、釘やネジではありません。
上棟して行く段階で、木材を組み合わせながら組み立て行く・・・とでも申しましょうか。
簡単に申し上げるならば、
その木材を組み合わせる部分を、ピッタリ合わせる為に木を削ったり加工する技術を手作業で行います。
その作業を『手刻み』と呼びます。

池浦工務店では、この大工の昔からの技法である『手刻み』にこだわり一軒一軒、丁寧に施工させて頂いております。

その作業風景など、いずれご紹介させていただきたいと思います。
更新をお楽しみにして下さい。


上棟から屋根工事までの流れ

Copyright© 2012 池浦工務店 All Rights Reserved.